外国人観光客の重要な足となるタクシーについて多言語対応の実際の例や業界の動きをレポートします。

日本の田舎暮らしを体験したり農業体験などグリーンツーリズムについての各自治体の取り組みなどをご紹介します。

政府も注目している医療分野でのインバウンド需要。外国語を話せるスタッフだけでなくウェブサイトや看板などの翻訳や多言語対応が必要となります。

日本が世界に誇る「SAKE」日本酒の魅力を来日観光客に味わってもらうための方法をご紹介します。翻訳のアットグローバルによる編集。

英語や中国語が話せる美容室・エステ・ネイルサロンがあれば外国人観光客の方にも日本在住の方にも便利ですよね。現状をレポートしました。

クールジャパンの柱の一つ「アニメ関連」でインバウンド需要が見込めるのが「聖地巡礼」その具体例をいくつかご紹介いたします。

外国人観光客に「湯治」の良さをアピールしてストレス解消・リラックス効果を味わってもらいたいと思いませんか。地方創生のビジネスチャンスであるヘルスツーリズムをご紹介します。

地域と連携して観光地づくりを行ない「稼げる観光」を目指すDestination Management Organization。観光庁が目指すものと実例を分析しました。

日本人が気付かない日本の魅力とは?地域のなにげない表情が観光資源になります。外国人観光客が求めるものを解説します。

品質の高い日本の古着屋がアジアからの観光客に人気です。中国の口コミサイトの実例を見ながらインバウンド対応の大切さをご紹介します。

機械翻訳は便利かもしれませんが思わぬ落とし穴があります。失敗事例から学べる教訓は何でしょうか?ケーススタディを翻訳のプロ・アットグローバルがご紹介します。

外国人観光客に人気のラーメンは塩ではなく豚骨?!海外口コミサイトから見るリアルな実例を翻訳会社アットグローバルがご紹介します。

外国人観光客が寿司づくりの体験を味わえる教室をご紹介します。

中国人旅行客を受け入れるためには微博(Weibo)のアカウントが欠かせません。運用は広告出稿サービスを提供するアットグローバルによる解説記事です。

観光庁が外国人観光客を受け入れるためのガイドラインを整備したことはご存知でしょうか。そのあらましについてマーケティング・翻訳の株式会社アットグローバルが解説します。

インバウンドサービスを提供する事業者が注目する総務省の「おもてなしクラウド事業」について解説しています。翻訳・多言語対応サービスのアットグローバルによる編集記事。

日本のゆるキャラ・アニメキャラとのコラボ商品は外国人観光客にも大人気です。その実情を探ってみました。

日本のスイーツがどのように中華圏のSNSで拡散されているか具体事例をご紹介します。中国現地法人を持つ翻訳会社アットグローバルによる編集記事。

経済産業省と内閣官房が提供している統計データ「RESAS」はインバウンドの企画立案の強い味方です。ニセコ町の具体的な事例をご紹介します。アットグローバルはデジタルマーケティングで地域創生の後押しをします。

日本のスナック菓子は外国人から見ると美味しくクオリティが高いものです。地域限定・期間限定を上手に活かしたマーケティングが求められます。

中国のコスメ事情は、ハイブランド志向にとどまらずプチプラなど多様化しつつあります。SNSで中国語で発信するなどマーケティング戦略を練る必要があるでしょう。

東京近郊で外国人に知ってほしい江戸文化を身近に味わえるスポットを3つご紹介いたします。翻訳サービスのアットグローバルによる提供。

ラグビーW杯に合わせて外国人観光客に向けた埼玉県の取り組みを紹介します。インバウンド対応に強いアットグローバル「AtMedia+」

訪日外国人向けにナイトタイムを活用した観光施策が行われています。その具体例を、翻訳・マーケティングのアットグローバルがご紹介いたします。