【無料】多言語対応ピクトグラムをダウンロード出来るサイト4選

ピクトグラム, 多言語対応

訪日外国人旅行客の数は、年々増加の一途をたどっており、ここ10年だけでも3倍以上も増えてきています。過去最高を記録した2018年には3000万人もの人々が日本に訪れました。今年はオリンピック・パラリンピックが予定されており、更に増えることが予想されていることから、多くの企業が多言語に対応したピクトグラムの導入を進めています。そこで、今回は多言語対応のピクトグラムを無料でダウンロード可能なサイトを4つご紹介いたします。

無料で多言語対応ピクトグラムをダウンロード出来るサイト4選

1.japan.Shopping!

japan.Shopping!のウェブサイトから引用

「japan.Shopping!」はジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)が、今年の夏に控える2020年オリンピック・パラリンピック大会に向け、小売業における多言語対応の課題を解決するためのプラットフォームとして発足したサイトです。小売業における3つの場所(店舗入口 ・店内 ・レジ周辺)において役立つ、表示・POP・ピクトグラムをダウンロードすることができます。

ウェブサイトの「推奨POP・ピクトグラム ダウンロード申し込みフォーム」で申し込むと、ダウンロード用のURLが送られてくるので、そちらからダウンロードしてください。

2.石川県 観光戦略推進部国際観光課

石川県 観光戦略推進部国際観光課のウェブサイトから引用

「石川県 観光戦略推進部国際観光課」では、訪日外国人旅行者にとって分かりやすく利用しやすい表示・案内板を作成するサポートとして、多言語対応のピクトグラムを無料で公開しています。対応している外国語表記は英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語の3言語です。

特別な申請などは必要なく、ダウンロードボタンからPDF形式でダウンロードできます。なおai形式(adobe Illustrator形式)が必要な方は、国際観光課に直接電話でお問い合わせください。

3.TASTE OSAKA

TASTE OSAKAのウェブサイトから引用

世の中には、食品は宗教上の戒律によって「食べてはいけないもの」がある人や、食物アレルギーなどによって「食べられないもの」のある人がいます。「TASTE OSAKA」では、そのような人たちが間違えて食べてしまうことを防ぐため、35項目に及ぶ飲食店向けの食品ピクトグラムを無料で提供しています。

さらに、TASTE OSAKAでメニューを作成した飲食店を対象に、15言語に対応する飲食店検索サイトへ無料で掲載するサービスも行っています。飲食店にとって非常に強い味方と言えるでしょう。

4.Mensawlei Okinawa

Mensawlei Okinawaのウェブサイトから引用

「Mensawlei Okinawa」では、多言語を併記したピクトグラムを無料でダウンロードできます。どこか見覚えのある、シンプルで分かりやすいデザインが特徴です。さまざまなシーンに合わせ、幅広い種類が用意されているので、このサイトだけでも十分に揃えることができるでしょう。しかも、個別にダウンロードが可能なので、余計なものを除外でき、ダウンロード後の管理がしやすいのも嬉しいポイントです。

まとめ

今回は、無料で多言語対応ピクトグラムをダウンロード出来るサイトを4つご紹介しました。オリンピック・パラリンピックを契機に、これからも訪日外国人旅行客が増えていくことは確実視されています。ピクトグラムを使った多言語対応は、今後、絶対に無駄にはなりません。今回ご紹介したサイトを上手く活用して、ぜひともインバウンド対策を進めてくださいね。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!