翻訳者が選ぶ多言語翻訳サービス!翻訳アプリ・サイト・翻訳会社を紹介

Google翻訳, 機械翻訳, 翻訳, 翻訳ツール

インターネットが高度に発達した現代では、世界は非常に身近なものとなりました。会社・個人問わず翻訳の需要は高まっています。そこで、今回はおすすめの翻訳アプリ・サイトと翻訳会社をご紹介します。

多言語翻訳をする前に押さえておくこと

まずは多言語翻訳をする上で押さえておいてもらいたい注意点についてお話します。

言語ごとに特徴がある

言語はそれぞれが特徴を持っており、定型的なものではありません。例えば、語順だけ取ってみても以下のような種類があります。

  • 主語・目的語・動詞 (SOV)
  • 主語・動詞・目的語 (SVO)
  • 動詞・主語・目的語 (VSO)
  • 動詞・目的語・主語 (VOS)
  • 目的語・動詞・主語 (OVS)
  • 目的語・主語・動詞 (OSV)
  • 基本語順なし

ほかにも、人称代名詞(私、君、彼など)が相手の立場や年齢などで変わったり、時制が省略されたりする言語などもあります。

もしも、人称代名詞が立場などで変化することを知らずに翻訳したら非常に失礼な文章になってしまうかも知れませんし、時制が省略されていることを理解せずに翻訳したらいつの話をしているのかがわからない文章になってしまうかも知れませんよね。ですから、多言語翻訳する際には言語ごとの特徴を理解した上で翻訳することが大切です。

翻訳会社、翻訳サイト・アプリは言語ごとによって得意、不得意がある

思わず一括にしてしまいがちですが、一口に翻訳会社や翻訳サイト・アプリといってもすべての言語を正確に翻訳できるわけではありません。英語やフランス語、中国語といった主要な言語はどこも得意な傾向にありますが、マイナーな言語は会社やサイト・アプリごとに得意、不得意が明確です。ですから、多言語の翻訳においては、一つの会社やサイト・アプリにこだわるのではなく、得意、不得意を見極めて臨機応変に使い分けることが重要となります。

翻訳アプリやサイトだと限界がある

翻訳アプリやサイトは、2016年頃から導入された「ディープラーニング技術」によって、急速な進化を遂げつつあります。しかしながら、まだまだ完璧に翻訳することは出来ません。教科書に乗っているような正しい文章で打てばそれなりのものになりますが、口語調に崩したり、スラング・方言のようなものを使ったりすると、ニュアンスを正確に翻訳できないのです。例えば、小説をアプリやサイトで翻訳すると、不正確で味気ない文章になってしまいます。

また、専門用語の問題もあります。専門用語は単語を変化させて作った造語が多く、しかも、翻訳される頻度が低いため、AIの学習機会が少ないという問題点があります。例えば、千葉で発見された地層の名称に「チバニアン」という名称が付けられましたが、2020年1月に命名されたばかりの新しい言葉ということもあってAIが上手く認識しておらず、Google翻訳に「chibanian」と打つとフランス語に認識されてしまいます。逆に、「チバニアン」と日本語で打って英語に翻訳すると「tibanian」と間違って翻訳されてしまいます。

このように、翻訳機会の少ない単語や文章が多く含まれている学術論文などは、正確に翻訳することが困難です。翻訳サイトやアプリでは限界があるので、翻訳会社に相談することをおすすめいたします。

おすすめ翻訳アプリ・サイト5選

google翻訳

Google翻訳は世界で最も有名な翻訳エンジンです。検索エンジンで最大手であるアドバンテージを生かし、圧倒的な情報量をもとにした高い翻訳精度が特徴。世界シェアNo.1ブラウザ「Google Chrome」との連携しており、外国語のサイトにアクセスすると自動でページを翻訳してくれます。もちろん、原文表示も可能です。

また、アプリ版では、テキスト翻訳はもちろんのこと、カメラで文字を映したり撮影したりするだけで翻訳してくれる便利な機能も搭載されています。また、会話モードが搭載されているので通訳アプリとしても優秀です。

Microsoft翻訳

Microsoft翻訳も有力な翻訳サイト・アプリの一つです。全体的な翻訳精度の面ではGoogle翻訳に劣る印象ですが、マレー語などの一部の言語ではGoogle翻訳を凌ぐ精度を見せることもあります。

また、アプリ版は「会話で翻訳」という機能が搭載されており、多数のスマートフォンとの同時接続・同時翻訳が可能となっています。多言語翻訳においては役立つツールとなり得るでしょう。

papago翻訳

韓国の大手企業「NAVER」が開発・提供する翻訳サービスです。韓国企業が開発しているだけあり、韓国語の翻訳に強いという特徴があります。韓国語以外にも13の言語に対応しており、特に英語⇔日本語の翻訳精度はGoogle翻訳に肉薄してます。

VoiceTra

VoiceTraは日本の研究機構「NICT(情報通信研究機構)」が研究・開発した翻訳アプリです。 日本の研究機関が開発しただけあり、日本語⇔他言語の翻訳精度に優れているのが特徴。 音声入力での翻訳に特化しているので、翻訳アプリというよりは通訳アプリと言ったほうが正確でしょうか。もちろん、文字入力による翻訳もできます。ちなみに、現時点では営利目的の使用が認められていないので注意しましょう。

コンニャク翻訳

コンニャク翻訳は、8つの翻訳サイト( Google翻訳・papagp翻訳・Baidu翻訳・Weblio翻訳・Excite翻訳・Yandex翻訳・Bing(Microsoft)翻訳・Fresheye翻訳)から、利用したい翻訳サイトを選んで翻訳できるサイトです。テキストボックスに文章を入力し、言語設定をした上で、右側に表示されている翻訳サイトをクリックするとリンク先に飛び、翻訳文が表示される仕組みとなっています。訳文の比較が簡単できるので、訳文チェックに使うと便利です。

多言語翻訳オススメ会社5選

株式会社アットグローバル

株式会社アットグローバルのウェブサイトから引用

株式会社アットグローバルは2002年に設立した翻訳会社です。上海とベトナムに拠点を置いており、欧米系はもちろんアジア言語に強いことで知られています。翻訳品質のアベレージを高めるために、徹底した翻訳工程の標準化を行っているのが特徴。また、対応可能な分野が多いことも特徴で、ビジネス資料・IT全般・電気・機械・製造・観光・医学・医療・法務・契約・論文・証明書・メディア・教育などにおける実績を持っています。

また、2017年からはオウンドメディア運用サポートサービスも行っており、現在は海外向けプロモーション会社としての一面も持っています。

翻訳センター

翻訳センターのウェブサイトから引用

翻訳センターは国内最大規模の翻訳会社で、翻訳会社としては珍しくJASDAQに上場しています。在籍する翻訳者数は4400名にも及び、対応可能な言語や分野も幅広いことで知られています。上場企業らしいコンプライアンスの厳格さを持っており、見積もりの段階から機密保持契約の締結を行ってくれます。そのため、特許や契約などに関連する文書の翻訳を依頼する際には最適な会社と言えるでしょう。

トランスワード

トランスワードのウェブサイトから引用

トランスワードは広島と中国の大連に拠点をもつ翻訳会社で、モットーは正確で具体的、読み易く、統一のとれた文章・表現。 外の翻訳者は起用せず、全てトランスワード社の教育を翻訳者だけが翻訳を行うことで、高い品質を保っています。技術翻訳に強みを持っており、国内外の自動車メーカーや電機メーカーなどとの取引実績を持っています。注力している言語は英語と中国語です、その他にもアラビア語などの希少言語などにも対応しており、多言語翻訳においても信頼できる会社です。

ジェスコーポレーション

ジェスコーポレーションは1964年に設立した老舗翻訳会社。技術分野の翻訳に長けていることで知られ、各分野の知識が豊富な翻訳者たちが多数在籍しています。情報漏洩の対策もしっかりしているので、安心して依頼できる会社です。

JOHO

JOHOは特許関係の翻訳に長けた翻訳会社です。翻訳だけでは終わらず、要望があれば「PCT(特許協力条約)」に基づいた特許出願を、JOHO国際特許事務所を通して日本の特許庁に出すサポートもしてくれます。もちろん、特許関係以外の翻訳も請け負っているほか、文書だけでなく音声や動画の翻訳に対応している点もおすすめの理由。また、対応言語も多いので、多言語翻訳においても力になってくれるでしょう。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!