【最新版】外国人向けグルメサイト10選|特徴や選び方を徹底解説

マーケティング

訪日外国人の日本旅行での楽しみの一つは「日本食を食べること」です。日本政府は2020年に4000万人、2030年に6000万人の訪日外国人を見込んでいます。いよいよ今年はオリンピックが開催されますので、大勢の外国人がレストランを訪れることでしょう。ここでは飲食店の集客アップに必要な「外国人向けグルメサイト」について徹底解説いたします。

外国人グルメサイトとは?

海外向けに日本の食文化やお勧めのレストランを紹介しているグルメサイトのことです。外国人に日本食の魅力を知ってもらい、実際に来店してもらうために有効な宣伝媒体です。日本旅行を計画している外国人はグルメサイトの中から、「どこのレストランに行こうか」「何を食べてみようか」「予約はできるのか」「支払い方法は?」といろいろ考えます。外国人向けグルメサイトはインバウンド、外国人の集客を成功させるために非常に効果的です。

外国人グルメサイトの効果は?

誰でも海外旅行の際には旅行先のレストラン情報を調べますよね?訪日外国人旅行者も同じです。グルメサイトを見て、「どのレストランがお勧め?」「どんなメニューがあるの?」「価格はどのくらい?」「支払方法は?(キャッシュレスは可能か)」「予約は必要?」「アクセス方法は?」「口コミの評価は高い?」などの細かな情報をチェックしています。情報が分かりやすく魅力的であれば、外国人の心を捉えることができるでしょう。

外国人向けグルメサイトの選び方

では、数多くある外国人向けグルメサイトの中で、どのようなサイトにお店の情報を掲載したら良いのでしょうか?ここでは、いくつかのポイントをお伝えします。

1.多言語対応

「多言語対応」していることは必須条件です。旅行者は様々な国から訪れていますので、英語対応だけでは不十分です。グルメサイトの対応言語が多いほど、訪日外国人の集客を見込めるでしょう。まずは、英語・中国語・韓国語対応は必須でしょう。中国語は簡体字と繁体字の2種類の対応をすることが必要です。さらに、タイ語・インドネシア語・マレー語・ベトナム語・スペイン語・フランス語・ロシア語などに対応しているとより良いでしょう。

2.アクセス数など

アクセス数がどれくらいあるのか、どこの国の人が見に来ているか、掲載されているお店の傾向などもチェックすることです。

高品質の翻訳が不可欠

高いサイトの特徴の1つは、「多言語対応している」ことと「高品質の翻訳である」ことです。質の良い翻訳文は外国人の心に訴えることができます。間違いだらけの文章を見て「ぜひこの店に行ってみたい!」と思うでしょうか?思いませんよね。ですから、翻訳に関しては翻訳会社に依頼しましょう。「機械翻訳でも問題ないのでは?」と思うかもしれませんが、機械翻訳では正確で自然な文章に翻訳することはまず不可能ですのでお勧めはいたしません。

詳細な情報まで掲載している

2つ目のポイントは、「詳細な情報を掲載している」ことです。お店のコンセプト・マスターの紹介・お勧めメニュー・価格・食事のマナー・支払い方法・交通手段・口コミの評価・予約方法などの情報が詳細に記されていれば、外国人も安心して「この店は良さそうだ、行ってみよう!」と来店を決めることが出来るでしょう。お店側としてもキャッシュレス決済などのハード面での備えをしておくことも必要です。

「映える写真や動画」

そして3つ目に、「フォトジェニックな写真と動画」であることです。画像・映像の美しさは非常に大切です。料理の美味しさが伝わる魅力的な画像や動画なら、外国人の心を捉えることが出来るでしょう。

オンライン予約対応

4つ目のポイントは、「サイト内で予約ができること」です。外国人は日本語が出来ませんので、「外国語サポートデスク」などのサービスがあるグルメサイトは需要が高いでしょう。また、外国語に堪能な店員さんがいないなら、このようなサービスは事業者側にとってもメリットがあります。

3.費用

さまざまな外国人向けグルメサイトがあり、掲載費用や対応言語数が異なります。掲載費用が月額であったり年間契約であったり、言語数によって費用が異なったりします。あるサイトでは1言語で月額掲載費用1万円、制作費用3万円となっていました。またあるサイトは、初期費用3万円、月額掲載費用は5千円です。またあるサイトでは、年間契約で3万円というところもあります。掲載を申し込みたいグルメサイトが見つかりましたら、ホームページで詳細をご確認ください。

外国人向けグルメサイト10選

それでは、外国人旅行客に人気のあるグルメサイトをご紹介します。

1.SOVOR JAPAN
https://savorjapan.com/

SOVOR JAPANは、グルメサイト「ヒトサラ」の外国人向けサイトです。メニューの紹介・食事のマナー・料理人の紹介ページが充実しています。プロのカメラマンによって撮影された写真や動画が美しく、外国語翻訳の質が高いのが特徴です。オペレーター(英語)による予約が可能ですので、外国人にとっては心強いことでしょう。中国の大手口コミサイト「馬蜂窩(マーファンウォー)」にも情報が掲載され、中国人の集客にも力を入れています。

対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語
月間訪問者数:100万人以上
登録店舗数:16,000件
掲載費用:要問い合わせ
予約・注文機能:ヘルプデスク(英語・中国語・韓国語)で予約可
その他サービス:中国旅行サイト「マーフォンウォー」、台湾・香港向けサイト「tsunagu japan」(約150万ユーザー数)とメディア提携している。

2.「馬蜂窩(マーファンウォー)」
http://www.mafengwo.cn/

中国の最大旅行情報サイト。ユーザー数は1.3億人を超えていて、訪日するほとんどの中国人(約8割)が閲覧しています。日本旅行に関するありとあらゆる情報が載せられています。訪日外国人で一番多い中国人を集客することをお考えなら、こちらのサイトへの掲載をお勧めします。「ヒトサラ」の訪日外国人向けグルメサイト「SOVOR JAPAN」とメディア提携しています。

対応言語:中国語(簡体字)
月間訪問者数:ユーザー数1.3億人以上、Appダウンロード数7.6億、口コミ投稿数2100万件以上
登録スポット数:6万カ所(世界中)
掲載費用:要問い合わせ
予約・注文機能:「SOVOR JAPAN」と提携している店舗は予約可
その他サービス:インタセクト・コミュニケーションズ株式会社が公式の代理店

3. tabelog (食べログ) 
https://tabelog.com

日本では誰もが知っているグルメ口コミサイト「食べログ」。訪日外国人のために多言語展開(英語・中国語・韓国語)をしています。エリア、メニューのジャンル、シーンなどからベストな店を検索し予約することができます。中国の大手口コミグルメサイト「大衆点評」とも提携しています。

対応言語:英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語
月間訪問者数: 約1億810万人/月
登録店舗数:8.7万件(多言語版)
掲載費用:ライトプラン10,000円から(他のプランあり)
予約・注文機能:インターネット予約可

4.Favy
https://favy-jp.com/

月間6700万人以上の外国人が見ているグルメサイト。メディアで取り上げられた数は年間400回。フェイスブックのフォロワー数は200万人以上。お店の情報をSNS拡散することにより、新規のお客様を増やすことが可能となっています。対応言語も多く、登録店舗数は3万件。各国からの外国人に日本食の魅力を伝えることができるグルメサイトと言えるでしょう。スマートフォンでホームページを作成することが出来る気軽さが魅力です。

対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)・フランス語・スペイン語・韓国語・タイ語
訪問者数:月間6,700万人
登録店舗数:3万件
掲載費用:ライトプラン7,000円から
予約・注文機能:予約可
その他サービス:ホームページを作成。

5. Yelp
https://www.yelp.com/

アメリカ発の世界最大級口コミサイト。よりグローバルなアメリカ版「食べログ」といったところでしょう。訪日する大勢の外国人(特に欧米圏)がこのグルメサイトを利用しています。サイトは多言語展開されており、ユーザー数は月間1億人以上います。レストランの情報だけではなく、例えばクリーニング店などの店舗情報も掲載することができます。欧米系の外国人のインバウンドをお考えの店舗にお勧めのサイトです。

対応言語:18ヶ国語
訪問者数:月間1億人以上
登録店舗:掲載なし(しかし圧倒的情報量を持つ)
掲載費用:無料
予約・注文機能:予約可
その他サービス:レスラン以外のお店の掲載も可能

6.gurunavi (ぐるなび)
https://gurunavi.com/

日本ではおなじみのぐるなびですが、現在外国人の集客に力を入れています。サイトは多言語対応しており、お店を予約したい場合はサポートセンター(英語・中国語)を利用することが出来ます。外国語版ぐるなびは「トリップアドバイザー」とメディア提携しています。

対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・インドネシア語・マレーシア語・タイ語
訪問者数:月間6100万人
登録店舗:約6万点(有料登録分)

掲載費用:無料プランあり、有料プランは月額1万円から
予約・注文機能:英語と中国語のサポートセンターで予約可能

7.tripadvisor
https://www.tripadvisor.com/

世界最大規模の旅行口コミサイトです。様々な国の旅行情報をこのサイトで知ることができます。現在48か国で、28の言語に対応しており、5億件以上の口コミが掲載されています。店舗の掲載料金は無料です。

対応言語:28言語
訪問者数:月間4.9億人、8億3千万以上の口コミ情報
掲載費用:無料
予約・注文機能:予約可

8.LIVE JAPAN
https://livejapan.com/

レストラン情報だけでなく、オススメの観光名所など掲載されています。「トリップアドバイザー」と連携しているので、店舗情報のページにはトリップアドバイザーでの口コミ評価が表示されます。日本語を入力するだけで、英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語で店舗の情報を発信できるので非常に便利です。

対応言語:【サイト】英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語・タイ語・インドネシア語・マレー語 【レストラン・施設】英語・中国語(簡体字・繁体字)・韓国語
訪問者数:月間410万人
登録店舗:7700件以上
掲載費用:月額3万円から(年間契約)
予約・注文機能:約3,000店舗にて英語・中国語・韓国語に対応。
その他サービス:動画作成、多言語翻訳

9. Japan Foodie
https://www.japanfoodie.jp/

初期費用・月額使用料が無料のサイトです。多言語対応のホームページを作成、キャッシュレス決済サービスの導入、海外SNS運用、専属コンシェルジュによるサポートなどのサービスがあります。「一休.comレストラン」とメディア提携しているので、さらに多くの店舗情報を見ることができます。

対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)
掲載費用:初期費用・月間費用無料。決済手数料あり。
予約・注文機能:予約可
その他サービス:多言語ホームページ作成、海外SNS運用、インフルエンサーマーケティング、店舗向けwi-fi

10. Voyagin
https://www.govoyagin.com/

利用者は130万人以上、月間予約者数は5万人を超える訪日外国人オンライン予約サイトです。欧米の旅行客の利用がほとんど(7割)となっています。飲食店向けに、訪日外国人向け飲食店クーポン予約のサービスがあります。決済機能が付いていますので、ドタキャンが発生した場合に、キャンセル料の完全保証をしてくれます。予約の問い合わせには、専門コンシェルジュが対応し(英語と中国語)、各店舗に連絡をします。初期費用や年間管理費がかかりますが、キャンセルの完全保証やコンシェルジュによる多言語対応サービスがあるので安心です。

対応言語:英語・中国語(簡体字・繁体字)
訪問者数:月間利用者5万人
登録店舗:約600店舗
掲載費用:初期費用10万円、年間管理費24万円
予約・注文機能:予約可
その他サービス:キャンセル料の保証

飲食店こそインバウンド需要を取り入れていこう!

今後も大勢の外国人が日本を訪れますので、レストランの需要はますます増加するでしょう。インバウンド、外国人の集客アップのために「海外向けのグルメサイト」の利用をお勧めします。外国語に翻訳する際には、機械翻訳ではなく専門の翻訳会社に依頼してください。翻訳の株式会社アットグローバルはみなさまのお役に立てるよう励んでおります。ぜひご利用ください。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!