台湾・香港向けプロモーション会社6選|事例や選び方などを徹底解説

台湾, 香港

一見、中国に似ているようで、実のところは大きな違いがある台湾・香港。情報統制がなされておらず自由があることから、中国本土に比べるとプロモーションしやすいといわれています。台湾や香港でのプロモーションは、中国本土への進出を狙う上での足がかりとしても重要になるので、ぜひとも成功させたいところでしょう。そこで、今回は台湾・香港向けのおすすめプロモーション会社をご紹介していきます。

台湾・香港向けプロモーションとは?

中国本土では、Googleを始めとした大手の検索エンジンや、YouTube・Facebookなどの大手SNSにアクセスすることができません。他の国で使えるツールやサービスが使えないため、中国本土へのプロモーションは難しいと言われています。

しかし、台湾・香港は違います。本土ではアクセスできないGoogle、YouTube、Facebookなどのインターネットサービスにアクセスが可能です。さらに、台湾は親日で知られており、もともと日本の商品が受け入れやすい土壌となっていることなどもあり、中国本土に比べてプロモーションがしやすい傾向にあります。

また、多少の違いはあるものの、台湾・香港で使われている言語は本土と同じ中国語です。そのため、台湾・香港でプロモーションをすることで、中国本土にもプロモーション効果の波及が期待できます。

台湾・香港向けプロモーションの事例

例えば、空港でお菓子の販売をしているA社は、台湾人に自社商品を認知してもらうべく、プロモーション会社に依頼しました。台湾・香港の大手日本旅行サイト「樂吃購(ラーチーゴー)!日本」に商品・お土産の紹介ページを作成するなどして、商品認知の促進やブランディングを実施。結果、1ヶ月あたりの売上が伸び、4000万円近くにまでなったといいます。

また、雑貨を取り扱っているB社は、台湾のアンテナショップ「MiCHi cafe」にて、1週間に渡り商品のサンプリング・アンケートを実施しました。結果、プロモーション後は人気商品となり、仕入れが追いつかない状況が続くようになったとのことです。

台湾・香港向けプロモーション会社を選ぶ基準

台湾・香港現地のことに詳しいか?

台湾・香港は比較的プロモーションがしやすい地域である一方、複雑な事情を抱えた地域でもあります。安易に中国の一地域という考えでプロモーションをすると、大きな失敗にも繋がりかねません。ですから、「中国に詳しいプロモーション会社」ではなく、「台湾・香港に詳しいプロモーション会社」を選ぶことが大切です。

台湾人、香港人、日本人スタッフの両方がいるか?

いくら台湾や香港に詳しい日本人でも、流石に現地人には敵いません。ですから、プロモーションを円滑に行うには、台湾人・香港人がいる会社を選ぶ必要があります。とはいえ、紹介したい商品やサービスは日本のものですから、魅力を正確に伝えるためには、日本人スタッフの存在も重要です。現地人と日本人が両方揃っている会社を選びましょう。

実績は豊富か?

台湾や香港でのプロモーション実績があるかどうかや、自社商品に関連する商品のプロモーション実績があるかなどを中心に調査しましょう。ただし、単純に依頼をこなした数ではなく、どのような内容でプロモーションしているかを重視することが大切です。

台湾・香港向けプロモーション会社6選

株式会社アットグローバル

株式会社アットグローバルは2002年に創業した翻訳会社で、特にアジア圏の翻訳に強いのが特徴。現在はオウンドメディアの運用サポートも行っており、SNSなどを活用したデジタルマーケティング(Webサイト多言語化、SNSブランディング、オウンドメディア運用)を得意としています。翻訳会社という特徴を活かし、正確な中国語によるプロモーションを可能としてます。

カケハシ

カケハシは2011年に台湾現地で創業したプロモーション会社です。台湾に拠点をおいている強みを活かし、現地のインフルエンサーネットワークを独自に構築しています。そのため、商材に最適なインフルエンサーをすぐに提案してもらえるのが大きな魅力。ブログ記事による発信、SNSを使った情報拡散、ファムトリップ体験などをうまく使い分けてプロモーションしてくれます。

株式会社ジーリーメディアグループ

月間200万人ものユニークユーザー数を誇る、台湾人・香港人向けの訪日観光メディア最大手「樂吃購!日本(ラーチーゴー!日本)」を運営しており、これを活用することで効果的なプロモーションを実現しています。さらに、約70万人以上のファンを抱えるFacebookページと連動した情報発信も行っており、爆発的な情報拡散が期待できる会社です。また、現地人目線を重視し、台湾人・香港人スタッフがゼロから企画立案・取材・執筆までを行っているのも特徴の一つ。

株式会社D2C X

月間ユニークユーザー数185万人を誇る、業界最大規模の訪日観光メディア「tsunagu japan」を運営しています。宿泊予約サービスでは月に750件以上の予約が申し込まれ、着地型ツアーの予約は3か月で600件以上、紹介した複数の美容院には毎日1人以上の客が訪れるなど、訪日観光客に強い影響力をもっています。さらに、100万人以上のファンを有するFacebookページも運用しており、広範囲への効果的なプロモーションが期待できる会社です。

ホットモブ・ジャパン株式会社

ホットモブ・ジャパン株式会社は香港に特化したモバイルマーケティング会社です。香港のモバイルPMP(プライベート・マーケット・プレイス)市場で圧倒的なシェアを誇っており、約95%以上の香港人スマホユーザーにリーチが可能。さらに、AIテクノロジーによるデータ解析なども取り入れるなど、先進的なプロモーションを実現しています。

フレンド台湾

フレンド台湾はその名称どおり台湾に特化したプロモーション会社です。台湾の有名ブロガー(インフルエンサー)に依頼し、クライアントに訪問取材をしたうえで情報発信を行います。ブロガーが直接赴いて取材することで、正確な情報を台湾人目線で発信できるのが魅力。また、もともとは台湾企業向けのSEOサービス会社として始まったことを生かし、キーワードの分析サービスも無料で行ってくれます。

台湾・香港向けプロモーションはパートナー会社の選定が重要!

台湾・香港は複雑な事情を抱えた地域です。プロモーションの仕方を間違えると、単に宣伝効果がないだけでなく、企業イメージを大きく損なうことにもなりかねません。特に、近年は中国本土と香港・台湾との関係が緊張していますので、より現地の事情や文化に精通した会社をパートナーにすることが大切になるでしょう。今回ご紹介したプロモーション会社は台湾や香港のエキスパートばかりなので、ぜひ依頼先の候補に入れてみてください。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!