【近畿地方編】観光PR動画まとめ

2018年8月27日YouTube

全国各地の観光PR動画をご紹介するシリーズ。第5弾は「近畿地方」です。

近畿地方

本州中西部に位置する地域で、かつての「畿内」とその周辺地域で構成されています。「畿内」とは、都や皇居に近い地域を指す呼称のこと。実際にこの地域には、難波宮(大阪府)、平城宮(奈良県)、平安宮(京都府)と連続して都が置かれ、特に平安宮(平安京)は、1869年(明治2年)に政府(太政官)が東京に移転して首都機能を失うまでの実に1,000年以上の間、日本の首都としての機能を果たしました。現在は関東地方に次ぐ日本第二の都市圏・経済圏であり、西日本の中核です。具体的には、大阪府・京都府、兵庫県、奈良県、三重県、滋賀県、和歌山県の2府5県を指します。長くて深い歴史を誇る地域だけに、近畿地方には世界遺産が集中しています。法隆寺地域の仏教建造物(奈良県)、古都奈良の文化財(奈良県)、古都京都の文化財(京都府)、姫路城(兵庫県)、紀伊山地の霊場と参詣道(三重県・奈良県・和歌山県)がそれぞれ世界文化遺産に登録されています。

Osaka Bob FAMILY

大阪観光局が訪日観光客向けに運営する公式サイトで、英語、中国語(簡体字・繁体字)、韓国語で発信されています。「Movie」のページで、観光PR動画が公開されています。

大阪ミュージアム

大阪府民文化部・魅力づくり推進課が推進するプロジェクト。「大阪は、まち全体がミュージアム」をキーワードに、大阪のまちの魅力を内外に発信する「大阪ミュージアム」というプロジェクトを推進しています。上記ページの「OSAKA LOVERS動画情報ライブラリー」には、数多くの観光PR動画がアップされています。中には、英語や中国語の動画もあります。

京都府観光ガイド

京都府観光連盟の公式サイト。このサイトの「動画ライブラリー」に、京都の観光PR動画がいくつかアップされています。

CityOfKyoto

京都市の公式YouTubeチャンネル。「お祭り・イベント」ページに、京都のさまざまなイベントや魅力を紹介するPR動画が集められています。また、「Movie for foreigners(英語)」で訪日外国人向けのPR動画が数多く公開されています。

Osamu Hasegawa Films

東京をベースに活動する映像カメラマン。非常に美しい京都のムービーを制作しています。

ひょうごツーリズムガイド

公益社団法人ひょうごツーリズム協会が運営する観光ガイドのサイト。このサイトの「ひょうごの観光ムービー」のページで、兵庫県の見所をまとめた動画を掲載しています。

Nara Tourism

一般財団法人奈良県ビジターズビューローが運営する、訪日旅行者向けの観光情報チャンネル。多くが英語で作成されています。

観光三重(YouTube)

三重県観光連盟が運営するYouTube特設チャンネル。「観光三重オススメ動画集!」ページにPR動画が数多く掲載されています。

ビワイチ 滋賀・びわ湖観光情報

公益社団法人びわこビジターズビューローが運営する「ビワイチ 滋賀・びわ湖観光情報」サイトに設けられた動画ページ。「歴」「食」「遊」「癒」「観」「買」「美」の各テーマで公開されていますが、動画のクオリティがすばらしいです。

WakayamaPref(YouTube)

和歌山県の公式YouTubeチャンネル。このサイトの「ディスカバー和歌山」には、和歌山の祭りやグルメ、伝統文化などを紹介する動画がアップされています。また、「世界遺産 高野・熊野」には、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録された高野・熊野を中心に、和歌山県の癒しの自然・文化を紹介する動画が掲載されています。

今回は近畿地方の各自治体が取り組む動画PRの様子を概観しました。さすがに、日本屈指の観光地をそろえる地域だけに、動画でのPRにも余念がありません。よく企画され、非常に映像クオリティの高い動画が数多く公開されています。自治体以外にも、個人や企業が作成している動画が数多くあります。それだけ、創作意欲をかき立てられるアイテムが多いのでしょう。また、今回はご紹介しませんでしたが、県や府のレベルだけでなく、PRに力を入れている市町村が多いのも近畿地方の特徴だと感じました。

次回は「中国地方編」です。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!