年々増加する「ベジタリアン」「ヴィーガン」訪日旅行客向けのインバウンド対策

2019年2月28日

世界で増加している「ベジタリアン」「ヴィーガン」

日本ではなじみが薄い「ベジタリアン」「ビーガン」ですが、欧米を中心として世界ではブームが始まっており、訪日外国人の増加に伴って、飲食店の「食の多様化」対策が必要となっています。

「ベジタリアン」「ヴィーガン」は、宗教・文化的な理由でそうしている人々も多いのですが、環境保護や動物愛護、健康や美容といったセルフメンテナンスの観点で取り入れている人々も増えています。ある調査によれば、米国のミレニアル世代(1880年初頭から2000年生まれの世代)の38.7%が自らが“菜食主義”であると答えています。
https://www.tourism.jp/tourism-database/figures/2018/07/vegetarian-h

米国のグローバルデータによれば、米国では「ビーガン」として生活する人が過去3年の間に600%も増加しました。小売最大手のウォルマートも、サプライヤーに対して植物ベースの製品を増やすことを求めているそうです。
https://forbesjapan.com/articles/detail/20409#

世界中にどのくらいの「ベジタリアン」「ヴィーガン」が存在しているのかに関する正確な統計はありませんが、人口に占めるベジタリアンの割合は、おおむね以下のとおりです。

「ベジタリアン」と「ヴィーガン」の違い

大まかに言うと「ベジタリアン」とは、肉や魚を食べないものの、乳製品や卵はOKな“菜食主義者”のこと。「ヴィーガン」は、卵・乳製品・はちみつなどの動物性食品を一切口にしない“完全菜食主義者”のことを指します。とはいえ、「ベジタリアン」「ヴィーガン」はそれぞれさらに細分化できますので、飲食店は、お客様が何を食べて何を食べないのか確認する必要がありそうです。
https://vegewel.com/ja/style/vegan-vegetarian

どのくらいの「ベジタリアン」「ビーガン」が来日しているか

2017年の報告ではありますが、多言語レストラン紹介サイト「Vegewel」を運営しているフレンバシー社の調査によると、インバウンド客のうち4.7%、134万人がベジタリアンと推計されるとのことです。これらの旅行客は、日本にはベジタリアン対応の飲食店が少ないので、コンビニのおにぎりなどを食べて過ごしているそうです(なんだか気の毒ですね。)。
https://www.projectdesign.jp/201806/invound-expansion/004986.php

日本の現在の対応状況を調べてみました。

「ベジタリアン」「ビーガン」レストランの検索サイト

「Vegewel」https://vegewel.com/ja/

このサイトでは、ベジタリアン、ビーガン、オーガニック、マクロビオテック、低糖質、グルテンフリーなどの項目で、レストランを検索することができます。


「Happy Cow」 http://https://www.happycow.net/

このサイトでは、世界中の「ベジタリアン」「ヴィーガン」対応のレストランを検索できます。

東京の「ヴィーガン」レストランのトップ10も掲載されていました。

「ベジタリアン」「ビーガン」に対応している店舗例

成田空港 成田空港では、ハラールフードやベジタリアンメニューを提供している店舗が数多くあります。
http:// https://www.narita-airport.jp/jp/shops/rest_shop/halal

羽田空港    何店舗かビーガン対応のお弁当や、レストランがあります。
http://www.hachidory.com/restaurant/00/id=518  

https://www.vegan-vegetarian-guide.com/english-vegan-and-vegetarian-friendly-cafe-at-haneda-airport/http://www.hachidory.com/restaurant/00/id=857

横浜グランドインターコンチネンタルホテル    ベジタリアンメニューを館内全レストランにて、通年メニューとして提供しています。
https://hamakore.yokohama/yokohama-intercontinental-hotel-vegetarian/

近鉄リテーリング 上本町駅エリアの日本料理店、洋食店、中華料理店、カフェで、ベジタリアン・ヴィーガンメニューを提供しています。
https://www.atpress.ne.jp/news/169383

airKitchen Plus    日本の一般家庭で安心してヴィーガン・ベジタリアン料理を食べられるというサービス
https://airkitchen.jp/plus/host.php

まとめ

日本では「ベジタリアン」「ヴィーガン」に対応しているレストランはまだまだ多くありません。日本を訪れるベジタリアン・ヴィーガンの外国人旅行者は、毎回食事に困ることでしょう。確かに、コンビニのおにぎりやサラダしか食べるものはないかなと(わたし個人も)感じました(ちなみに、最近六本木ヒルズの某ラーメン店が100%植物由来のラーメンを提供しているというので訪問してみたのですが、すでに提供が終了していました。コスト面の問題でしょうか)。

「ベジタリアン」や「ビーガン」。訪日外国人客の多様化する「食」への対応が、飲食店のビジネスチャンスにつながる可能性があります。年々増加している訪日外国人旅行客、飲食店のインバウンド対策として、こうした切り口も検討する必要がありそうです。

インバウンドプロモーション外国語サポートを必要とされる方は、
ぜひ「アットグローバル」にご相談ください。
見積もりやご相談は完全に無料です。こちら からどうぞ!